カカオ70%台・街のお店で買える高カカオチョコレート10種類を食べ比べたレビューを書きます!

ダイエットを開始してから約1週間が過ぎました。毎日体重を測り、おやつは我慢、爆食いしないよう気をつけて生活してきた結果、現時点で1kgダウン。好調な滑り出しです。

でも甘党でチョコレートが大好きな私はそろそろ我慢の限界!美容と健康に良いと言われている高カカオチョコレートを、毎日少しだけずつ食べることにしました。

最近は街のお店に並ぶ高カカオチョコレートも種類がどんどん増えてきて、どれを選んだらいいか迷ってしまいます(汗)

そこで各社から発売されている高カカオチョコ、中でもカカオ70%台のチョコレートばかり10種類を、私が実際に食べ比べてみました

もっと高カカオなチョコレートもあるのに、私がカカオ70%台にこだわった理由。

テレビや書籍、インターネットなどで高カカオチョコレートの美容・健康効果が紹介されているのをよく見かけます。

そこで単純な私は「カカオが多ければ多いほど良いのでは?」と思い込み、カカオ86%とか95%のチョコレートを食べてみたのです。ところがこれがすごく苦い!口当たりもなめらかじゃないし、食べていて喉が渇いてくるんです。普段ミルクチョコレートばかり食べていた私には合わなかったんですね…

そこでカカオ分を減らして70%のチョコレートを食べてみたら、こちらはちゃんと甘くて馴染みのあるチョコの味がしました!せっかく食べるなら自分が求めるチョコレートの味をちゃんと楽しみたいので、美味しさと美容・健康効果のバランスがちょうど良いと思われる「カカオ70%台」を食べようと決めたのです。

近所のスーパー、コンビニで買ったカカオ70%台の高カカオチョコレート10種類。実際に食べてみました。

ここからは街のお店で買えるカカオ70%台のチョコレートの紹介と、実際に食べてみた感想です。

本当はミルクチョコレートが好きな人に、不二家の高カカオ!

不二家 LOOK Carre(ルック・カレ)カカオ70

  • 近所のスーパーで220円くらい
  • 内容量57g
  • カカオ70%
  • 袋で密封された個別包装

パキっとした噛み心地が楽しい薄板タイプのチョコです。甘みがしっかりあるのにカカオの味わいもちゃんと楽しめる一品。カカオの味わいと言っても、苦くはないんです。甘くてなめらかなチョコの味に、カカオのコクが加わることによって味の厚みというか深みが増す感じ。高カカオチョコレートが初めてでも食べやすいですよ。

不二家 毎日カカオ70%

  • 近所のスーパーで250円くらい
  • 内容量152g
  • カカオ70%
  • キャンディ包みの個別包装

キューブ型のひとくちチョコ。袋を開けた瞬間、フワーっとカカオの香りがすごい。包みを広げて直にチョコのにおいを嗅ぐと、より甘い香りがします。苦みよりも甘みの方が前面にくるし、ゆっくり食べると口どけも楽しめるマイルドな口当たりのチョコレートです。高カカオチョコレートの中でもコスパが良くて、その名のとおり「毎日食べる高カカオ」におすすめ。

程よい甘みでスッキリ。味のバランス重視で選ぶならこの高カカオチョコレート。

森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70

  • 近所のスーパーで300円くらい
  • 内容量101g(21枚)
  • カカオ70%
  • 紙で包んだ個別包装

ずっと前にも食べていた高カカオの薄板チョコレート。高カカオならではの深いコクと香りはしっかり、でも後味はスッキリしていて酸味もほとんど無いので本当に食べやすいです。高カカオチョコレート独特の酔ってしまいそうな強い香りはしないので、品よくスッキリとカカオを味わうことができます。甘さは控えめ。コスパもなかなか良く日常使いしやすい一品です。

森永製菓 ビフィズス菌チョコレート カカオ70

  • 近所のスーパーで230円くらい
  • 内容量40g(10枚)
  • カカオ70%
  • 袋で密封された個別包装

ビフィズス菌BB536を1箱あたり100億個も配合している高カカオチョコレート。これ1つでカカオもビフィズス菌も摂れるので欲張り健康オタクさんにおすすめです。パキッとした薄板チョコ。程よい甘みとビター感でスッキリ食べやすい味です。

明治 チョコレート効果 カカオ72%

  • コンビニで140円(税込)
  • 内容量35g
  • カカオ72%
  • 食べきりサイズのミニパック

市販されている高カカオチョコレートの中でも定番となっている「チョコレート効果」のミニパック。チョコの形状は食べやすいミニサイズのボール型です。甘さ控えめで、ほのかな酸味と香ばしさに似た苦みが楽しめます。食べきりサイズの高カカオチョコが手に入るのは嬉しい限り。外出先などで気軽に買えます。

明治 チョコレート効果 蜜漬けオレンジピール カカオ72%

  • コンビニで140円(税込)
  • 内容量34g
  • カカオ72%(製品中のカカオ分は53%)
  • 食べきりサイズのミニパック

蜜漬けオレンジピールをカカオ72%の高カカオチョコレートで包んだ、ちょっと変わり種のチョコです。こちらもチョコの形状はミニサイズのボール型。蜜漬けオレンジピールが加わることで、甘み・酸味・苦みのバランスが良く爽やかな味わいになっています。高カカオに飽きてきたときや、オランジェットが好きな人におすすめ。

ガツンとくるカカオの香りや苦みを味わいたい人におすすめ。こだわりの高カカオチョコレート。

明治 THE Chocolate コンフォートビター

  • 近所のスーパーで230円くらい
  • 内容量50g(タブレット型3枚入り)
  • カカオ70%
  • 袋で密封された個別包装

おしゃれなパッケージが一際目を引くこちらのチョコ。1枚の板チョコが入っているのかと思いきや、中身はこだわり形状のタブレットチョコ3枚なのです。2枚目の写真を見てわかるように、1枚のサイズがけっこう大きい。普通の板チョコ4かけ分くらいのボリュームがあり、これ1枚で十分満足できる大きさです。

味は、まず香ばしさにも似た苦みがガツンとくる感じ。酸味・甘みともにかなり控えめです。書かれているとおりの「力強い深み」を感じることが出来る一品。カカオのコク・苦みをガツンと感じたいけれど、口当たりはなめらかなチョコを食べたい人におすすめです。

ローソン×ロッテ マチカフェチョコ 3種

ローソンとロッテが共同開発した、コーヒーと一緒に食べる高カカオチョコレート。ひとくちサイズで50円、本格的な味わいで大人向けのチョコです。コーヒーは飲まずにチョコだけで食べました。

マチカフェチョコ ベネズエラ(写真いちばん上)
  • ローソンで50円(税込)
  • 内容量5g
  • カカオ77%
  • チョコ1個の単品販売

真正面からカカオのコク深さがガツンと感じられるチョコレート。それを引き立てるように華やかな香りとほのかな酸味が広がります。噛むとシャリシャリした独特の食感が。味もお値段も大人のチョコレートって感じです。

マチカフェチョコ コロンビア(写真まん中)
  • ローソンで50円(税込)
  • 内容量5g
  • カカオ77%
  • チョコ1個の単品販売

カカオのコクはしっかりあるんだけど、苦みよりも華やかな香りとフルーティーな酸味が際立つチョコレート。後味に苦みを感じます。こちらも噛むと少しシャリシャリした食感です。

マチカフェチョコ ドミニカ共和国(写真いちばん下)
  • ローソンで50円(税込)
  • 内容量5g
  • カカオ75%
  • チョコ1個の単品販売

シリーズ3種類の中ではこのチョコが一番マイルドな味わい。苦みはあるけれど、酸味と甘みのほうが目立ちます。店頭POPに「レーズンのような味わい」と書かれていたけれど、そう言われてみればそんな味かも。

まとめ

今回は、美容と健康に良いと言われている高カカオチョコレートの中で、カカオ70%台かつ街のお店で買えるものをご紹介しました。カカオ70%台でも、商品によって味がぜんぜん違います。

まだ高カカオチョコレートに慣れていない人や、「本当はミルクチョコレートが好き」という人にも食べやすいチョコも増えてきました。これからも売り場をくまなく見て、美味しそうな高カカオチョコレートが発売されていないかチェックしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする