あわしま堂クリーム大福(抹茶・プレーン)を食べてみました。

先週スーパーで買い物をしていたら「あわしま堂 クリーム大福(抹茶・プレーン)」を発見。以前この大福のチョコ・プレーン味を買ったときに、子どもたちに好評だったので思わず買ってしまいました。

抹茶味は抹茶クリームの中に鹿の子入り。ところで鹿の子って何だろう?

まずは抹茶味からいただきます。

あわしま堂さんのクリーム大福は、皮がちょうどお餅とマシュマロの中間のような食感で噛み切りやすく食べやすいです。包丁で切っても断面がこんなにキレイ!やや厚めの皮ですが、食感が軽いのでペロッと食べられちゃいます。

中のクリームは少しざらつきがある舌触り。もしかして、クリームによく漉した白あんを混ぜてある?と思うような食感です。

そして買った時からずっと気になっていたのが、パッケージに書かれている「鹿の子入抹茶クリーム」という文字。あまり和菓子に詳しくないので「鹿の子」って何?と思っていたんですが、食べてみたら分かりました!小豆のことだったんですね。

ところどころクリームの中に固めの小豆が混ざっているんです。小豆自体は甘さ控えめで歯ごたえしっかり。ほんの少し混ざっているだけでも、甘くて柔らかい大福の中でひときわ目立つアクセントになっています。これはかなり気に入りました。

プレーンは子どもにも喜ばれるなめらかクリームの大福。

プレーンのほうも半分に切ってからいただきます。

こちらも抹茶と同じく噛み切りやすいふわふわ食感の皮。粘りはやや少なめですが餅らしさはちゃんと残っています。

中のクリームはとてもなめらかな食感。どちらかと言うと万人受けする味ではないでしょうか。我が家の子どもたちにはプレーンのほうが好評でした。

大人目線でいうと味にアクセントがないので、濃いめに淹れたお茶やコーヒーなどドリンクでアクセントをつけるとより一層美味しく食べられそうです。

まとめ

今回は「あわしま堂 クリーム大福(抹茶・プレーン)」をご紹介しました。クリーム大福というとフワッと薄皮のものが多いですが、こちらは皮が厚めです。独特のマシュマロ食感のおかげで食べるときは軽~くお腹に入っていきますが、食後に感じるすごい満腹感はやはりお餅ですね!小さくてもお腹いっぱいになりました。

カロリーが気になったので、あわしま堂さんのサイトを見てみたところ、4つ合わせて528kcalだそうです。おやつに食べるなら1個くらいが目安ですね。

あわしま堂さんの大福は他にも色々な種類があるようです。季節によってお店で見かける商品は変わりますが、気になる人はお近くのスーパーなどをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする