お家カフェに必須のコーヒーメーカーはどれがいい?我が家の買い替えの歴史を振り返る。

子育てをしていると、なかなか自分の時間を取りづらいものです。
子どもが生まれてからは「ちょっとカフェでコーヒー飲んでこよー」なんて気軽に出かけられなくなりました。

それに、カフェでコーヒー1杯とスイーツを注文したら1000円前後と結構な金額です。日常的に続けていたら、子どもの習い事の月謝なんて軽く超えてしまうから馬鹿になりません!

でも、朝のひとときや家事の合間の休憩など、日常的にコーヒーを飲みたくなってしまいます。専門店の味とまでは言わなくても、そこそこ美味しいコーヒーを毎日飲みたい。
しかも簡単に、できるだけ安く楽しみたい!
そこで我が家のキッチンには、いつもコーヒーメーカーを置いています。

初代コーヒーメーカーは ナショナル NC-S35

結婚した直後から約8年にわたり活躍してくれました。
浄水フィルター付きで、味も文句なしに美味しくて大満足の品。
一昨年、不注意でサーバーを割ってしまったため、惜しみつつも買い替えを決意しました。

2代目コーヒーメーカーは siroca crossline 全自動コーヒーメーカー STC-401

女医のタレントさんが某テレビ番組で、siroca crossline 全自動コーヒーメーカー STC-401をお勧めしているのを見て購入。
豆を挽くところからドリップするまでを全自動でやってくれる画期的な品です。他の出演者の方も味を絶賛していたことが購入の決め手となりました。
しかし困ったことに、2週間使っても3週間使っても、製品のにおいが消えません。取扱い説明書に書いてある通りの手順で洗浄を繰り返し、クエン酸による洗浄もしたのに、プラスチックのようなにおいが消えないのです。
結局、お蔵入りとなってしまいました。

3代目コーヒーメーカーは パナソニック ミル付浄水コーヒーメーカー NC-S35P

その後しばらくの間は毎日ハンドドリップでコーヒーを淹れていました。
でも、朝の時間は貴重です。やっぱりコーヒーは自動で淹れてもらいたい!という思いから再びコーヒーメーカー購入を決意。
家電量販店をうろつき回って比較検討を繰り返し、最終的に パナソニック ミル付浄水コーヒーメーカー NC-S35P を選びました。
実はこちら、初代のナショナル NC-S35 と同じ製品なので、実質的にはリピートしたような感じです。リピートして良かった点は4つあります。

1.新品独特のプラスチック臭がすぐに消える

においを消すために、最初に2~3回水のみでドリップしただけで
その後はすぐに美味しいコーヒーを淹れることができました。

2.浄水フィルターやガラスサーバーなどのパーツを、単品でも購入できる

最近知った事実ですが、浄水フィルターやガラスサーバーなどのパーツをAmazonなどで購入することができるんです。
もっと早く知っていれば初代をまだまだ使えたかもしれない…と思うと、ちょっと複雑な気持ちですが。

3.シンプルな作りで長く使える

長く使えることは初代を8年間も使っていたので実証済み。シンプルな作りでお手入れしやすいのも嬉しいところです。

4.なんと言っても味!いつでも誰が淹れても美味しいコーヒーが飲める

このコーヒーメーカーで淹れたコーヒーはいつも美味しいです。
味の濃さを「マイルド・リッチ・アイス」と調節できるところもお気に入り。すっきり飲みたいときはマイルド、カフェオレのときはリッチ、といった具合に使い分けています。

まとめ

今回は我が家歴代のコーヒーメーカーについて書きましたが、いかがだったでしょうか?
全自動のような新しい機能にはついつい心奪われてしまいますが、定番はやっぱり強い!パナソニック ミル付浄水コーヒーメーカー NC-S35P 、とってもおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする