100均ダイソーの珪藻土水切りマットで水切りカゴの断捨離に成功。激安&洗濯いらず&省スペースで超便利!

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの写真1

キッチンの洗い物の水切りって、どうしていますか?

我が家では長い間、シンクの横に水切りカゴを置いて使っていました。
水切りカゴって地味に大きくて邪魔になるんですよね~。

水切りカゴがあると、洗った食器をそこに放置しがちになります(私だけ?)。
あと、水切りカゴ自体もこまめに洗わなきゃ、意外とすぐ汚れてしまうんですよね。
そこに置いてあるだけで周辺の掃除が億劫になり、つい後回しにして不衛生に…。

なにより、限りある作業スペースが水切りカゴのせいで狭くなり、毎日めちゃくちゃストレスが溜まっていました!

そこで思いきって水切りカゴを捨てて、100均ダイソーの珪藻土水切りマットを使ってみました

100均ダイソーの珪藻土水切りマットとは?

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの写真2か月

こちらが100均ダイソーの珪藻土水切りマット。
なんとお値段たったの300円(税抜)です!

「珪藻土」というとバスマットが有名ですが、キッチン用の水切りマットもあるんですね~。

大きさは30センチ×20センチ。A4を少しスリムにしたくらいの大きさです。
ダイソー店頭では、写真のような薄型の段ボールに入って陳列されています

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの写真4

箱を開けると、プチプチに包まれた珪藻土水切りマットが登場!たぶん、割れや欠けの対策なんだと思います。ダイソーさん優しいなぁ。

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの写真1

中身を取り出して、改めて見てみると、けっこう小ぶり。
1~2人暮らし用サイズといった感じでしょうか。

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの写真5.

表面をよーく見てみると、細かな凹凸がランダムにギッシリと並んでいます。
色はグレーに近いんだけど、ほんの少しベージュがかった暖かみのあるグレーです。

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの写真6千

角の部分は丸く滑らかに加工されていて、指先でなでると見た目以上にトゥルットゥル!

限りなくシンプルな見た目なので、キッチンに置いても嫌な感じはしませんね。

そもそも珪藻土って何なの?

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの写真3

「珪藻土とは何なのか」すら知らなかった私ですが、パッケージ裏側にその説明が書かれていました。

約800~1,000万年前の植物性プランクトンの一種である「珪藻」が長い年月をかけて堆積し、化石となった自然鉱物のことをいいます。珪藻土の表面には1億分の1cm程の穴が無数にあり、自律的な吸放湿を半永久的に行います。(ダイソー 珪藻土水切りマットのパッケージより引用)

自然生まれの珪藻土、すごいじゃない!
素早く乾いて菌の増殖を抑制、消臭にも役立つんですね。

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの使い方、お手入れ方法、注意点。

ここではダイソーの珪藻土水切りマットのパッケージに書かれた説明をもとに、使い方などをご紹介します。

使い方

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの使い方はめちゃくちゃ簡単。
珪藻土水切りマットの上に、洗った食器などを置いて水切りに使います。
オモテ・ウラ関係なく、両面とも使えますよ。

お手入れ方法

普段は、水気をよく切り、立てて乾燥させるだけでOK。
加えて、夏場は2週間、冬場は1週間に1回ほど、しっかり陰干しをします。

吸水力が落ちたときは、紙やすりで表面を少し削ります。

注意点

  • 直射日光に当てない
  • 床暖房の上に置かない
  • 界面活性剤を含む洗剤を使わない
  • 落としたりぶつけたりしない

珪藻土水切りマットは、高温過ぎる環境や衝撃に弱いようです。

また、「たまには洗剤でスッキリ洗いたいわ」と思うかもしれませんが、界面活性剤を含む洗剤を使うと、目詰まりや破損の原因になってしまうそうです。

100均ダイソーの珪藻土水切りマットを実際に使ってみた感想。長所と短所を紹介するよ。

ここからは私が実際に100均ダイソーの珪藻土水切りマットを使ってみて感じたリアルな感想をご紹介しますね。

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの長所

まずは長所からご紹介。
私が実際に、100均ダイソーの珪藻土水切りマットを使用している動画をご覧ください。

(編集の仕方が分からなくて縦長の動画になってしまいました…汗)

マットの上にクッキリと付いた水の跡が、ほんの10秒程度でみるみる薄くなっていくのが見えますでしょうか?

「100均だから」とあまり期待していなかったのですが、こんなに素早く吸水してくれるなんて驚きです!

さらに言うと、早さだけじゃなく吸水量もすごいんです!
布製の水切りマットを使ったこともありますが、こちらはすぐに下から水がしみ出てベトベトになってしまいました。
しかしこの珪藻土水切りマットは、何度も何度も水を吸ってくれて、裏側がベトベトになることもありません。

途中でマットの水を絞る必要も無くてすごく楽ちんです!

100均ダイソーの珪藻土水切りマットの短所

一方で短所かな?と思う点も、あえて挙げれば3つほどあります。

  1. 石みたいにカッチコチだから折りたたんで収納できない。
  2. 鼻がくっつきそうなくらい顔を近づけてニオイをかぐと、ちょっと変なニオイがする。
  3. 親子5人の我が家にとってはサイズが小さい。

1.については、サイズがそんなに大きくないので、我が家ではまな板みたいに立てて出しっぱなし収納をしていて、たためなくても困りません。

2.のニオイも、本当に間近まで顔を近づけないと分からないので、私はそんなに気になりません。

3.は、ちょっと問題。でも大きい水切りカゴを置くのはもっと嫌だ!
というわけで、大きさを補うために、ニトリの「たためる水切り」を併用しています。
(シンクの上に橋をかけるみたいに乗せて使う、アレです。こちらも改めてご紹介しますね。)

家族構成や収納の仕方に合わせて、ピッタリの水切りグッズを選んでくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
今回は100均ダイソーの珪藻土水切りマットのレビューをお届けしました。

水切りカゴを捨てただけで、キッチンがグンと広くなり、見違えるほど作業効率が上がりました!

水切りカゴが無いと、台の上がフラットになり掃除も簡単。
いつでもササっと拭き掃除できて清潔です。
キッチンを広々と使いたい方にはぜひ試してみてほしいです!

私もそうですが…もう少し大きいサイズがほしいなら、ダイソーよりもAmazonや楽天で探すのがオススメです。
気になる方はこちら(↓)から、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする