日本テレビZIP!で見た「焼きピザまん」。焼いたらパリパリとろ~り本当に激ウマだった!

この前テレビを見ていたら、日本テレビZIP!で「焼いたらもっとおいしい」食べ物を調査するコーナーが放送されていました。簡単にできて美味しそうなものばかりだったので、思わずガン見してしまいましたよ。

その中で「焼きピザまん」なるものが紹介されていて、子どもからリクエストされたので我が家でも作ってみることにしました。

焼きピザまんの作り方は?使用するピザまんはコンビニのじゃなきゃだめ?スーパーの袋入りのピザまんでも作れるの?

番組中に紹介されていた焼きピザまんの作り方はとっても簡単。コンビニなどで買える温かいピザまんをフライパンで焼くだけ。フライ返しなどで押しつけながら、両面を2分30秒ほど焼くのだそうです。

使用するピザまんですが、コンビニで買ってきても、スーパーの袋入りのものを買ってきても、どちらでも作れます

今回はコンビニのピザまんではなく、スーパーで売っている袋入りのピザまんを使ってみました。3個入りで158円(税別)とかなり安いです。コンビニで買うよりちょっと小ぶりな気もしますが、子どものおやつならこれで十分!

焼きピザまんを作ろう。ポイントは温かいピザまんを焼くこと。袋入りのピザまんはレンジで温めてから焼くべし!

ピザまんを焼く前にレンジで温める

さっそく調理開始です。

今回使うのは、スーパーなどで売っている袋入りのピザまんです。そのまま使うと「外側は焼けてるのに中身は冷たいまま」なんてこともありえます。番組中でも「すでに熱いのに、それをさらに焼いちゃう」と言っていましたね。冷たいピザまんは、焼く前にレンジで加熱しておきましょう

こんなふうにお皿に並べて、ラップをふんわりかぶせてレンジで加熱します。加熱時間はピザまんの袋に表示されているとおりの時間でOK。私は井村屋のピザまん3個を、600Wで1分30秒加熱しました。

焼きピザまんにする場合は、レンジ加熱するときに水をふりかける必要はありません。普通にピザまんを並べて、そのままラップをかぶせてレンジにGOしてください。

ピザまんをフライパンで焼く

次は、温めたピザまんをフライパンで焼きます。番組中では「両面を2分30秒ほど」焼くと言っていました。フライ返しなどを使ってフライパンに押しつけながら焼きます。

(フライパンがすぐ焦げ付いてしまうので、サラダ油を少々ひいて焼きました。)

両面ともこんがり焼けたら完成です。

できたてアツアツの焼きピザまん♪

あっという間に美味しい焼きピザまんができあがりました。外側はパリパリになっています。

断面はこんな感じ。熱々の具から湯気が上がってきて、ピザのいい香り~!

テレビで見たみたいに、チーズがトロ~~ってならない(泣)チーズがトロ~りを求めるなら、ちょっと割高でもコンビニのピザまんを使ったほうがいいのかもしれませんね。

でも具の中にはちゃんとチーズが混ざっていて、しっかりチーズピザの味♪子どもも大人も大満足でした。

ピザまんを焼いたら本当に美味しかった!

普通に蒸しただけでも美味しいピザまんですが、焼いたら本当に美味しくなりました。パリパリした皮と、熱々トロ~りな具の組み合わせが最高です。中華まんにも色んなバリエーションがあるし、肉まん・カレーまん・あんまん…と色々焼いてみると美味しそう。

焼くだけで美味しくなるので、これからも中華まんを買ったらどんどん焼いてみようと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする