グリコ 神戸ローストショコラ2種を食べてみた感想。コク深いなめらかミルクとサクサク食感で満足度高めな1品♪

コーヒーのお供に食べるお菓子がもう少ないので、買い出しに行ってきました。すぐに無くなってしまうと困るので、たっぷり入った大袋チョコを買ってくるのが今回のミッションです!

今回買ってきたのは、グリコ 神戸ローストショコラ2種。

本当は1袋だけ買う予定だったのに、どうしても選べなくて2種類とも買ってしまいました。どちらも近所のスーパーで250円くらいで購入できましたよ♪

神戸ローストショコラ 濃厚ミルクチョコレート

グリコ神戸ファクトリーで自家焙煎された「神戸ローストカカオ」と、煮詰めたミルクを使用したミルクチョコレートです。1袋185g入り。

神戸ローストショコラ ゴーフレットチョコレート

こちらも「神戸ローストカカオ」を使用。ゴーフレットを砕いてクランチ状にしたものが入っています。1袋173g入り。

どちらも個別包装になっているので、食べ過ぎ防止に一役買ってくれそうです。

神戸ローストショコラ2種食べ比べてみました。

写真左側が、青の袋のゴーフレットチョコレート。右側がゴールドの袋の濃厚ミルクチョコレートです。

わずかな違いですが、左のゴーフレットチョコレートの方が深い茶色をしていてカカオが多そうな感じ。右側の濃厚ミルクは明るい茶色。名前のとおりミルクをしっかり感じられそうな色をしています。

濃厚ミルクチョコレートの味と感想

名前のとおり、ミルク感たっぷりのチョコレートです。煮詰めたミルクを使用しているのが濃厚さの秘密なのかな?

食感はとってもなめらか。濃いめのコーヒーに合うクリーミーな甘さで、the 王道ミルク!といった味です。

スーパーで買えるチョコにも、生チョコ風や洋酒風味といった凝った食感・味のチョコがたくさんあります。そんな中こちらは、純粋にミルクチョコレートの味わいで楽しませてくれる。ミルクチョコ好きにおすすめです。

ゴーフレットチョコレートの味と感想

カカオの風味はこちらの方がほんの少し強めに感じます。そして噛むたびにゴーフレットのクランチがサクサク。ゴーフレットのクランチってちょっと珍しいですよね。ライスパフなどのクランチよりもどこか上品に感じます。

クランチチョコの中では五月ヶ瀬さん季節限定の「くらんちばーちょこれーと」が好きなんですが、なかなか買いに行けないときはこれを食べることにしました。

どちらも1粒のサイズが大きめ。

大袋のひとくちチョコって1粒が小さいので、食べごたえが無くて一度にいくつも食べてしまいがち。でも、この神戸ローストショコラは1粒の大きさが一般的なひとくちチョコより大きいんです。カリッと噛んで食べてもよし、口の中でゆっくり溶かしてもよし。1粒でも満足できる大きさです。

とくにおすすめなのは濃厚ミルク!安価な大袋チョコでこの味はとっても嬉しい。

チョコ好きな私は毎日、朝昼晩と必ずチョコを食べるので、すぐに無くなってしまいます。だから安価な大袋のチョコなのにこんなに美味しいと、とっても嬉しいです。

とくに美味しかったのは濃厚ミルクチョコレートのほう。ゴールドの袋のやつですよ。ミルクチョコ好きな人は、スーパーなどを探してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする