スーパーなどで買えるカカオ70%台のハイカカオチョコ&チョコレート菓子。新たに9種類のレビューを追加。

チョコレートのイメージ画像

スーパーなど街のお店では、続々と新しいチョコレート菓子が発売されていますね。カカオ70%台のチョコレートも、最近また増えたように感じます。

前にカカオ70%台チョコレートのレビュー記事を書いた時に発見できなかったチョコレートを、最近いくつか購入しました。今回は、その実食レポートを書きます。

1. 明治 THE Chocolate (Elegant Bitter)

明治THE Chocolate Elegant Bitterの写真

右側、オレンジ色のほうがElegant Bitter 。以前の記事でご紹介した、明治THE Chocolate(Comfort Bitter)の味違いバージョンです。パッケージがオシャレだから、バッグの中に忍ばせておくだけでも気分が上がります!

こう見えて中身は1枚の板チョコではありません。食べきりサイズで3つに分けた個別包装になっています。

青のComfort Bitterは苦みや香ばしさが強いのに対し、こちらの Elegant Bitter はフルーティーで酸味がやや強め。果実のような酸味や香りを楽しみたい人におすすめです。

2. 明治 チョコレート効果(素焼きクラッシュアーモンド)

明治チョコレート効果素焼きクラッシュアーモンドの写真

ハイカカオチョコの定番、明治チョコレート効果に、素焼きクラッシュアーモンドが入った商品です。クラッシュアーモンドの量が多すぎず少なすぎず、ちょうどいい!

鼻から抜けていく香りはややフルーティーだけど、酸味をあまり感じないほろ苦い味わいのチョコレートです。

3. 明治 チョコレート効果(オレンジ&大豆パフ)

明治チョコレート効果オレンジ&大豆パフの写真

同じく明治チョコレート効果に、蜜漬けオレンジピールとサクサクの大豆パフが入った商品です。いろんな食感が織り交ざって飽きないから、ついつい食べすぎてしまいそう!

ハイカカオチョコレートとオレンジピールが相性抜群なのは言うまでもありませんが、そこに大豆パフの香ばしさが加わって、味の奥行が広がったような感じです。

こちらもチョコ自体の酸味はほとんど感じないので、酸味が苦手な人も美味しく食べられると思います。

4. ロッテ おいしいハイカカオ

ロッテおいしいハイカカオの写真

ロッテのおいしいハイカカオは2層仕立てのチョコレート。外側にガーナ産カカオ豆を、内側にはエクアドル産カカオ豆を使用しています。

産地を聞いてもピンとこないので、外側から少しずつかじって食べてみました。外側は慣れ親しんだチョコらしい味、内側はガツンとした苦みがありカカオの香りをしっかり感じます。

食べてる最中は少し酸味がありますが、後味としてはそんなに長く残りません。それよりもカカオの苦みと余韻がしっかり残る後味で、その名の通りおいしい!

5. meito カカオ73チョコレート

meito cacao73の写真

カカオ豆のクラッシュチップ(カカオニブ)が入った、バータイプのハイカカオチョコレート。クラッシュカカオのサクサクした食感が良いアクセントになっています。

ハイカカオなのに味はとってもまろやかで、酸味をまったく感じません。本当はミルクチョコレートが好きなんだけど…という人にも親しみやすい味です。「ハイカカオで、もっと甘いチョコレートは無いの?」と探し求めている人に食べてみてほしいです。

クレヨンくらいのサイズのチョコが3本入って100円前後と、価格もリーズナブルです。

6. ブルボン ココナッツオイル×チョコレート

ブルボン、ココナッツオイル×チョコレートの写真

こちらはちょっと変わりダネ。外側はカカオ70%のチョコレート、内側はココナッツオイルが入ったまるでガナッシュのような柔らかなチョコレートです。ココナッツの甘い香りはチョコと相性ピッタリ!

レシピを調べて手作りしなくても、ココナッツオイルチョコが食べられるなんていい時代ですね!ココナッツオイル好きにはたまらない、予想を裏切らない商品だと思います。

7. ブルボン オリーブオイル×チョコレート

ブルボン、オリーブオイル×チョコレートの写真

上記の商品の、オリーブオイルバージョンです。

チョコにオリーブオイルを混ぜるってどうなのよ?!と、ちょっと買うのためらっていたのですが…食べてみたら意外といける!!

口の中に一瞬だけ新鮮なオリーブオイルの香りが広がりますが、その後はずっとチョコの味。心配していたオリーブオイルとチョコの組み合わせですが、意外と相性が良くて美味しかったです。いい意味で予想を裏切ってくれました。

8. 日清シスコ ハイカカオチョコフレーク 9. ハイカカオクリスプボール

日清シスコ、ハイカカオチョコフレークの写真

8. ハイカカオチョコフレークは、ザクザクのコーンフレークにハイカカオチョコレートをコーティングしたお菓子。チョコレート中のカカオ分が73%、製品中カカオ分は31%あります。普通のチョコフレークより少し苦いですが、コーンフレークの甘み加わり、けっこうしっかり甘いです。

9. ハイカカオクリスプボールは、サクッとしたココアパフと薄焼きコーンフレークにハイカカオチョコレートをコーティングしたお菓子。チョコレート中のカカオ分が73%、製品中カカオ分は39%あります。8.のチョコフレークと比べるとこちらのほうがやや苦みが強いので、甘すぎるのが苦手な人にはクリスプボールのほうをおすすめします。

まとめ

今回は、スーパーなどのお店で買えるカカオ70%台のハイカカオチョコレート&チョコレート菓子を9つご紹介しました。同じカカオ70%台でもそれぞれ味に特徴があり、いろんな味を楽しめます。ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする