30代主婦、私のダイエット。2017年6月の結果と実際にやったこと全部を公開します!

ダイエットの成果が思うように表れずモヤモヤしていた6月前半。体重を測ることすらやめてしまい、諦めモードが漂っていました。

ゴールデンウィークが終わってからも暴飲暴食をやめられず、気が付けば1ヶ月以上もの間ダイエットを中断してしまっていたのです。

そこで6月中旬頃からは心を入れ替えて、巻き返しを図りました。

今回は30代主婦の私がどうやってブランクを乗り越えダイエットを再開したのか、その結果と内容を振り返ります。

6月の結果

5月のゴールデンウィークあたりから暴飲暴食が止まらなくなり、ダイエットから目を背けてきた私。しかしある日「このままリバウンドしていくのは嫌だ!」と心を入れ替えて、ダイエットを再開しました

6月12日(心を入れ替えてダイエット再開した日付です)から月末までの19日間の結果がこちら。

体重/48.9kg → 47.1kg
(6月だけで1.8kg減、3月からトータルだと3.3kg減でした)

体脂肪率/30.3% → 28.4%
(6月だけで1.9%減。3月の体脂肪率はメモしていませんでした…)

これまでまったく思い通りにいかなかったダイエットですが、19日間で2kg近く減量でき、少しずつ手ごたえを感じ始めています。

6月、現状を変えるためにやったこと。今の体型を知る・モチベーションを上げる・とにかく再開する!

6月、ダイエットのために私がやったことは以下の3つです。

  1. 自分の「今」の体重、体型を知って現実を受け入れる
  2. ダイエットが楽しくなるように、モチベーションアップさせる要素を取り入れる
  3. とにかく今すぐダイエットを再開する

1. 今の体重、体型を知る。現実から逃げない!

ダイソーのダイエットブックに書いた記録

体重を測らなくなると、だんだんダイエットなんてどうでもよくなってしまいます。
「今日だけアイスをもう1つ」
「今度こそ、今日で最後のフライドポテト…」
といった具合に、どんどん楽な方へ流れていきました。

1日の変化はわずかなものですが、1ヶ月以上が経ちふと気が付くと積み重なったお肉のボリュームは凄いことになっていました。このまま自分の身体から目を背けて暮らしていては、今後さらに贅肉は溜まっていくことでしょう!そこで、毎日の体重測定を再開しました。

以来、朝起きてすぐに体重と体脂肪を測り、ダイソーのダイエットブックに記入することを日課としています。

2. ダイエットのモチベーションを上げる工夫をする

ダイエットを楽しく続けるために、色々な工夫をしました。詳しく書くとこんな感じです。

家庭用のダイエット器具を購入して、自宅でエステ気分

以前の記事でも書いたのですが、家庭用のダイエット器具「ボニックプロ」を購入しました。長女を産んでから10年間、自分のために手間とお金をかける機会はかなり減ったので、これはかなり思いきった決断でした。

ボニックプロを買って、何よりも大きく変化したことは、自分のために使う時間を持つようになったことです。毎日5~15分程度と短い時間ですが「せっかく買ったんだから使わなきゃ!」と思うと自然と継続できています。

また、毎日自分で自分の身体をケアするようになり「どこをどれくらい引き締めたい」のかを視覚的にイメージすることができるようになりました。

ボニックプロについて書いた記事はこちら

ボニックプロが届いたので開封しました!注文から届くまでの流れと、セット内容をご紹介します。
少し前の記事でお話しした、ダイエット中のボディケアができるマシーン「ボニックプロ」。 先週、公式サイトから注文をして、ついに買っち...

雑誌のダイエットページを見て、飽きない工夫をする

6月中旬、近所の書店へ足を運び、何冊もの雑誌に目を通しました。

今まで試したことがないダイエット方法やエクササイズなどを知るのも楽しいし、モデルさんの写真を見て「こんなスタイルになりたい!」と思えるような目標を見つけるのもいいと思います。

ダイエット期間が長くなってくると、エクササイズに飽きてしまったり、停滞期に悩んだり、中だるみしてしまう時がありませんか?5月~6月上旬の私は、ちょうどそんな時期でした。

なんとなくやる気が出ない、中だるみの時期には新鮮な情報を取り入れてみるのもかなり有効な手段だと思います。

3. 情報収集したら、今すぐ実行!ダイエット再開!

新鮮な情報を取り入れ、「こうなりたい!」っていう目標を決めたら、すぐにダイエットを再開しました。

いい刺激を受けて気分がワクワクしている「今」このタイミングを逃したら、また重い腰が上がらなくなってしまうかも…そんな事態を避けるため、その日のうちにダイエットを再開したのです。

ダイエット再開当日におこなった内容は以下のとおり。

  • 5分程度の簡単なエクササイズ(※)
  • おやつの時間にお菓子を食べるのをやめてバナナを食べた

たったこれだけです!だからこそ、すぐに始めることができたんですよね。

どんな小さなことからでもいいから、やってみる。とりあえず動き始める。
こうして動き始めてみたら、あとは意外と簡単に動き続けることができました。

※この記事の中でご紹介した「ゆる燃焼ストレッチ」という本のエクササイズから始めました。簡単でわかりやすい動きなので、ダイエットを再スタートする人にもピッタリの本だと思います。

運動が苦手な私にもできるエクササイズ!簡単で継続しやすい、おすすめダイエット本3冊。
運動が苦手なのに「自宅で運動して痩せる!」と意気込む無謀なダイエッター。それはこの私です! それにしても、本やDVDで紹介され...

1ヶ月以上のブランクを乗り越えてダイエットを再開した私が実際にやってきたこと。運動、食事、etc…

6月12日にダイエットを再開してから、普段やっていることをまとめてみました。
これといって難しいことはしていなくて、簡単なことばかりです。

平日はダイエットを頑張る日、家族が揃う土日はダイエットをお休みする日と決めて、メリハリをつけることでストレスを溜めないようにしました。

運動

  • ウォーキング40分間(週4~5日)
  • ストレッチ(1回5分程度、週2~3日)

食事

凍らせた果物の写真

  • 主食を白米から玄米に変更。
  • アイスが食べたくなったら凍らせたフルーツを食べる。
  • 夜にお菓子を食べたくなったら、炭酸水を飲んで空腹をごまかす。
  • どうしてもガッツリ食べたいときはお昼に食べる。
  • 夫が家にいる週末は、ダイエットを気にせず好きな物を食べる。食べ過ぎた分は、週明け月~火曜日に調整する。

その他

  • 毎朝体重と体脂肪を測って記録する。
  • 日中は骨盤ベルトを着けて生活する。
  • お風呂に入っている間はずっと、お腹を凹ませ続ける。
  • ボニックプロを使ったトリートメント(お腹は毎日、余裕がある日は脚も)。

まとめ

長い間ダイエットのモチベーションがダダ下がりだった私ですが、新しいアイテムや新鮮な情報を取り入れることで、なんとかヤル気を取り戻すことができました。

しかし、腰まわりと脚全体のお肉は、なかなか思うように減りません…。
7月はもっと「どこに効かせたいか」を意識して、エクササイズを選んでみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする